JR丹波口駅西側、高さなど規制緩和を

SHARE

JR丹波口駅西側、高さなど規制緩和を

 

 

2019年4月19日 京都新聞 朝刊 記事より引用

JR丹波口駅西側 オフィス集積地
高さなど規制緩和を
京都市検討委 市長に答申

 

 

 

 

見直しの具体例として、丹波口駅西側の五条通沿い(千本通〜西大路通)を挙げ「新たな活力を生み出す地域となることが期待されている」として、オフィス不足に対応するために高さやデザインの規制見直しの必要性を強調した。

 

答申で具体的な地名を挙げたのは下京区の五条通沿いだけで、他の地域には踏み込まなかった。

 

 

 

 

その、

五条通

 

 

 

 

 

 

JR丹波口駅

 

 

一つ京都駅よりの

『梅小路京都西』駅が先月3月開業で

山陰本線が盛り上がっていますが、

 

 

 

 

 

こちらは我が道を行く、

マイペースな渋みある駅です。

 

 

 

 

 

そして、

これが高さ規制が見直されそうな

 

駅西側エリア

 

 

 

 

近未来には

高層ビルが

建ち並んだりするのでしょうか?

 

 

 

 

ユニクロの

近未来もどうなっているのでしょう?

 

現在、ITの進化とともに

店舗や在庫を持たない新しい勢力も生まれています。

浮いた流通費を製造費に上積みし、

ファストファッションより高品質のものを提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

かごの屋

スタバ

 

の近未来は?

 

 

 

 

 

 

 

京都リサーチパーク10号館

 

・事務所・商業(店舗・飲食店舗)・駐車場

・7階建(31メートル)

・建築主/大阪ガス都市開発㈱

 

 

 

どんな

景観になるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です