MENU

京都初進出!!『ヒルトン』が京都しょうざんリゾート内の『しょうざんボウル跡地』に来秋開業!! & 京都エリア・2020年今後開業する外資系ホテル一覧

SHARE

京都初進出!!『ヒルトン』が京都しょうざんリゾート内の『しょうざんボウル跡地』に来秋開業!! & 京都エリア・2020年今後開業する外資系ホテル一覧

 

2020年2月5日 京都新聞 朝刊記事より引用

ヒルトン  京に初進出
高級ブランド「LXRホテルズ&リゾーツ」
しょうざんリゾートに
来秋開業

 

 

 

 

 

東急不動産(東京)と米ホテルチェーンのヒルトンは4日、京都市北区衣笠鏡石町の「しょうざんリゾート京都」内に、アジア太平洋地域で初となるヒルトンの高級ブランド「LXRホテルズ&リゾーツ」を開業すると発表した。ヒルトンのホテルの京都進出は初めてで、2021年秋の開業を目指す。

19年5月末に営業を終了したボーリング場「しょうざんボウル」跡地に、地下1階地上4階建て延べ約1万2千平方メートルのホテルを建設する計画で、同12月に着工した。デザインは周囲の自然との調和を意識し、総客室数は114室。

東急不動産が、ヒルトンとフランチャイズ契約を締結し、運営主体は未定。LXRは18年に誕生した新しいブランドで、現在ロンドンやアラブ首長国連邦(UAE)のドバイなど3カ所で展開している。

同リゾートには東急不動産のグループ会社が運営する別の会員制ホテルもある。同社は「京都は世界が注目する観光地。1億人を超える会員組織を持つヒルトンと連携し、多くの観光客がこの地ならではの魅力に触れられる施設にしたい」としている。

周辺では19年11月に高級ホテル「アマン京都」も開業した。

 

 

BIGニュースです!!

 

 

 

 

2020/2/4 17:40

日本経済新聞には

京都市内の世界遺産・金閣寺近くに

 

とあります。

 

 

 

 

京都人にはピンとこなくても

世界から見れば

『ヒルトン』ホテル計画地

金閣寺のすぐ近くになります。

 

 

 

 

 

目の前にしても

現実とは思えない

教科書の中の世界です。

 

 

 

 

 

 

 

西大路通

 

金閣寺道を越え

北上します。

 

 

 

 

大文字山(大北山)に

左大文字が見えます。

 

 

 

 

住宅街を突き抜け

 

 

 

山沿いの道を通り

 

 

 

 

 

 

しょうざんリゾート京都

 

 

 

 

 

 

ボーリング場は無くなりましたが

鳥料理で人気の『わかどり』

あります。

 

 

 

 

 

木々のむこうに

重機が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

しょうざんボウル

跡形もなく消えました。

みんな、みんな、

夢の中です。

 

 

 

 

 

 

 

ヒルトン

 

が京都初進出です!

 

 

 

 

 

そしてこの

しょうざんリゾート京都

さらに奥へすぐ

 

 

 

 

大きな石に刻まれた

 

 

 

 

 

2019年11月1日開業した

アマン京都 

 

 

 

 

当初の予定では

2008年開業予定でした。

様々な問題があり実現不可能かと思われましたが

見事、

幻が現実のものになりました。

 

 

 

 

右側の石には

アマン京都のメインダイニングの

鷹庵(taka-an)と刻まれています。

 

 

 

 

 

 

 

では、

京都エリアで

今後開業する外資系ホテル

 

を見て行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは

烏丸御池下る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本初進出、

アメリカ・シアトル発

今年2020年4月16日(木)に開業する

エースホテル京都

 

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

 

京都ど真ん中という立地です。

 

 

 

宿泊予約受付は

開始しています。

 

 

 

東洞院通側からの外観です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二条城

その北に

 

 

 

北門

 

 

 

 

香港を拠点をおくホテルチェーン

シャングリ・ラホテルによる

シャングリ・ラ ホテル京都

 

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

現在、

埋蔵文化財発掘調査中です。

 

 

 

 

 

 

二条城の南には

 

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

 

 

フランス・アコーホテルズ

アッパーアップスケールブランド

「Mギャラリー」となる

 

京都悠洛ホテル M ギャラリー 別邸

 

 

 

 

 

 

開発は

ウェルス・マネジメント

 

 

 

 

 

 

 

JR二条駅前には

 

 

 

 

 

 

マリオット(米国)

京都初のモクシーブランド

モクシー京都二条

 

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

2021年春の開業を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

四条河原町下るには

 

 

 

 

 

フランス、パリ発・グルメ食料品老舗御用達にして美食のトップブランドの

「フォション(FAUCHON)」のホテル部門

「フォション ホスピタリティ」が、

パリに次いで世界2軒目となる

 

フォション ホテル 京都

 

河原町松原です。

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

 

2019年6月30日に閉館した

ホテルサンルート京都

全面リニューアルします。

 

 

 

 

 

 

 

東山・二寧坂に面する

 

 

 

2019年10月に開業した

パークハイアット京都

 

 

 

 

さらにその山頂、

 

 

 

この坂の上、

 

 

 

 

2019年11月1日に閉館となった

京都東山温泉

ホテルりょうぜん

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

その跡地が

 

 

タイの高級ホテル

「バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツ」による

日本初進出の

バンヤンツリー・ホテル

 

として再開発されます。

 

 

 

2022年開業予定です。

 

 

 

 

 

 

そして

 

JR京都駅の北西

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堀川七条下る

 

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

 

フランス・パリを本拠とした

アコーホテルズ (AccorHotels) による

メルキュール京都ステーション

 

 

 

2020年6月もしくは7月

開業予定です。

 

 

 

 

堀川通沿いです。

 

 

 

 

そして

すぐ北にある

西本願寺

 

 

 

 

 

 

東に

 

 

 

 

門前町を抜けると

 

 

 

公園前の植柳小学校跡地に

 

タイのラグジュアリーホテル

(仮称)デシュタニ京都

 

が計画されています。

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

西小路通にも面しています。

 

 

 

 

 

 

そして

まだ具体的な発表はまだですが

 

東大路五条下る、

 

 

 

 

フォーシーズンズホテル京都

の向かい

 

 

 

2019年12月20日で閉館した

ホテル東山閣

 

(現地撮影2020年2月5日)

 

 

 

開発するウェルス・マネジメント

プレスリリースには

外資系ラグジュアリーホテルブランドと の提携を視野に計画を進めております。

 

とあります。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。