本日オープン!! 南禅寺前・京町家の『ブルーボトルコーヒー』

SHARE

本日オープン!! 南禅寺前・京町家の『ブルーボトルコーヒー』

 

京都新聞記事。

京町家の「ブルーボトル」
左京できょう開店

 

 

「コーヒー界のアップル」と呼ばれる米国発祥の人気コーヒー専門店「ブルーボトルコーヒー」の京都カフェが京都市左京区南禅寺草川町に23日オープンするのを前に、内覧会が22日開かれた。京町家を改装したカフェスペースが公開された。

京都カフェは、国内8店舗目で、関西圏では初出店となる。築100年を超える京町家を改装し、内装はもとからある柱や土壁などを活用。店舗正面は全面ガラス張りで、自然光が差し込む開放的な造りにした。店舗面積は452平方メートル。

カフェスペースでは、焙煎(ばいせん)や抽出にこだわったコーヒーのほか、抹茶の焼き菓子を提供。オリジナルグッズを販売するショップや中庭も設けた。

ブルーボトルコーヒージャパンの矢野健一取締役は「京都のまちとともに店も発展させたい。関西でも順次出店を進めていく」とした。

 

 

春の

南禅寺

 

 

 

 

 

 

 

そんな

南禅寺前。

 

 

 

 

桜が咲き始めました。

 

 

 

 

これが関西初出店の

 

ブルーボトルコーヒー

 

本日オープン!!

スタッフの皆様、晴れて本当に良かったです。

 

 

 

和装で来たら

なお映えます。

 

 

 

 

これが

ブルーなボトル。

 

 

 

 

手前の建物に入ると

 

 

 

 

 

 

 

グッズなどを販売するショップでした。

 

 

 

 

 

手前の建物の横には

奥の建物につながる通路があります。

 

 

 

奥にもブルーボトルが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

青い空と

青いボトル。

 

 

 

 

ブルーボトルには

京都がよく似合います。

 

 

 

 

 

行列ができています。

 

 

 

 

今日は

店内で飲むのは無理ですね。

 

 

 

 

 

見て下さい

この内装。

 

 

 

このむき出し感。

 

 

 

朽ちた

新しさです。

 

 

 

 

これが今風。

 

 

 

 

一昔前なら

ピカピカに塗り直されていただろう『土壁』です。

 

 

 

 

この『土壁』に

ショップのコンセプトが

全て表現されているように思います。

 

 

 

 

 

厨房は大忙しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続々とお客さんがやってきます。

 

 

 

 

 

ドリップブレンド 486円(込)

 

 

 

 

春、桜、京都、南禅寺、青空

が揃っていますので

『高い』『安い』をすでに振り切っています。

 

持ち帰りの紙袋もgood!!

 

 

 

観光地ど真ん中ですが

確実にリピートしそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3/25 追加記事)

見事、リピートしました。

桜が見頃となりました。

 

 

 

 

本日は

さらに大行列です。

 

 

 

ブルーボトルコーヒーの

CEOの方もいらっしゃいました。

 

 

そして

男前なトレーナーも。

 

 

 

めちゃめちゃお洒落なエプロン姿でした。

このシルバーのような白髪が

ブルーボトルの世界感を見事に演出していました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です