今宵『サウナの梅湯』と『京都ゆにくろ』が手をつなぐ

SHARE

今宵『サウナの梅湯』と『京都ゆにくろ』が手をつなぐ

 

 

五条大橋から

 

夕焼けと京都タワーと鴨川。

 

 

 

 

 

『北の眺め』よりも

断然、

『南の眺め』のほうが

センチメンタル感が強いのは

何故でしょう。

 

 

 

 

 

京都タワーが

河原町通のその先に見える

 

河原町五条

 

 

 

 

北西の角には

京都銀行による

10階建・190室のホテル計画地です。

 

 

 

南東側

 

 

 

 

高瀬川沿い

 

 

 

 

20年の

円を閉じた

エフィッシュ (efish)

 

 

 

 

1999年

何もかもが

早すぎた天才。

THANKS

 

 

 

 

 

 

高瀬川沿いには

闇に溶け込むように建つ

 

Rinn Gojo Takasegawa

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに南にも

ホテル。

 

 

 

 

隣には

歴史的由緒がありそうな建物。

 

 

 

コントラストが

強めです。

 

 

 

 

 

少し道をそれると

 

にこみ屋の南側、

解体が始まりそうな雰囲気です。

 

 

 

 

 

さらに

高瀬川を下ると

 

異国語・多国籍風の

飲食店。

 

 

 

 

五条の楽園です。

 

 

 

 

隣には

ゲストハウス計画地。

 

 

 

 

 

アビーロードの

横断歩道の向こう

 

 

 

 

 

 

高瀬川の水面の上に浮かぶ

 ゆ

 

の文字。

 

 

 

 

 

 

サウナの梅湯

 

 

 

 

 

銭湯を語るな

梅湯につかれ

 

 

 

 

つかればわかるさ

 

 

 

 

 

暖簾に

UNIQLOのロゴマーク。

 

 

 

 

 

 

銭湯が好きだった青年。

 

 

 

 

 

こじらせた毎日。

 

廃業寸前だった銭湯。

 

 

 

 

 

そして今宵、

満月の夜。

Umeyu and Uniqlo go hand in hand.

 

 

 

 

 

梅湯の裏、

昭和の町が変わり始めています。

 

 

 

 

 

闇夜の街並に

明るい光りが。

 

 

 

 

古家の中には

コインランドリー。

 

入口には

Welcomeの貼り紙。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。