世界で最も魅力的な都市 ランキング2位『京都』〜嵐山・天龍寺・竹林の小径など〜

SHARE

世界で最も魅力的な都市 ランキング2位『京都』〜嵐山・天龍寺・竹林の小径など〜

 

 

コンデ・ナスト・トラベラー

 

北米の富裕層が主な読者層の

米有力旅行雑誌。

 

 

 

こちらの雑誌の読者を対象に、

北米を除いて世界の旅行先で、最も魅力的な都市を調査・公表されました。

 

42万人の読者が調査に参加したとのことです。

 

そして

今年2018年のランキング発表されました。

 

世界で最も魅力的な都市(Best Cities in the World)

 

大都市ランキングでは

1位東京

2位京都

3位メルボルン(オーストラリア)

4位ウィーン(オーストリア)

5位ハンブルグ(ドイツ)

 ・

12位大阪

 

東京が3年連続で首位となり

京都が2017年の3位から、2位へ上昇。

 

 

京都

 

日本で最も(寺院などが)保存された都市の一つ

町家の並ぶ通りは、最近移ってきた芸術家の特別な工芸品店や上品な店がある

 

 

北米の富裕層には

東京と京都がそんなに魅力的に映るのでしょうか?

 

 

実際に

京都で暮らす人間からすると

何かギャップを感じてしまいます。

 

 

 

 

先日の

京都新聞(2018年10月14日朝刊)記事

こんな一節がありました。

 

就職を機に東京都や大阪府へ、子育てや住宅購入を機に滋賀県や京都府南部など近隣自治体への転出超過が起きている。

 

住宅価格が高騰し、若い世帯が京都市内に居を構えるのが難しい上、工業用地やオフィスが少なく、働く場が京都から減っていることが一因とみられる。

 

 

京都の中心部は老人と富裕層の街となっており

若い世帯や収入が並の世帯にとっては

『住みづらい街』になっているのではないでしょうか

 

 

外から見るKYOTO

 

 

 

内から見る京都

 

 

 

そのギャップ。

 

ならば私は

内から見るKYOTOを見に行きます!!

 

 

 

 

嵐山

 

 

 

 

観光道路の人々。

 

 

 

 

 

天龍寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーベラス!!

 

 

 

 

 

マーベラス!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーベラス!!

 

 

 

 

 

 

YOUは何しに日本へ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉の時期の一歩先に来てしまう

この時代の先取り感。

 

 

 

 

 

 

燃え盛る木々を

想像しましょう。

 

 

 

京都タワーが見えました。

 

 

 

 

 

京都市民でさえ

京都タワーが見えるとうれしくなるのは

何故でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

YOUは何しにNIPPONへ?

 

 

 

 

 

 

 

竹林の小径(ちくりんのこみち)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保津川

 

 

 

 

YOUは何しにジャポンへ?

 

 

 

 

お店に入ろうとしたら

『クローズ!!』

 

と言われました。

 

 

 

ここでは無名の

異国からの民になれます。

「顔がさす」なんてありません。

 

 

 

 

 

 

こんな近場で非日常が味わえるのです。

 

 

 

 

 

建築が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

こんな行列をいつも作れるのは

立地のせいか

アラビカの口コミのせいか。

 

 

 

 

世界へ拡散しやすい

立地とロゴマークであるのは間違いないです。

 

 

 

 

ここにお店をかまえれるのが

相当な実力者に思えてしょうがないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉の時期は

どのぐらいの通行量になるのでしょう??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新京極通にもあった

フクロウと猫のお店がこちらにもあります。

訪日外国人からのニーズが、そんなにあるのでしょうか?

 

 

 

はるばる海越えて、

嵐山に観光来て、

フクロウ見ます???

 

 

ミッフィーのパン屋さんがオープンしています。

 

 

 

 

当たり前ですが

女子ばっかりです。

 

 

嵐電嵐山駅

 

 

 

 

 

以上、

帰ります!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です