JR大津駅前の中央通りにカフェやマルシェが!! 『阪急阪神不動産』新築分譲マンション計画地

SHARE

JR大津駅前の中央通りにカフェやマルシェが!! 『阪急阪神不動産』新築分譲マンション計画地

 

本日は

滋賀県。

 

琵琶湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年8月末で閉店の決まった

西武大津

 

 

 

 

 

2019年12月4日 9:08

京都新聞 web

西武大津店跡地「引き続き商業施設を」
大津市が申し入れ

 

大津市は、来年8月に閉店する西武大津店(同市におの浜2丁目)の土地建物を所有するマンション大手、長谷工コーポレーション(東京都)に対し、跡地を引き続き商業施設として活用するよう申し入れたことを3日明らかにした。

 

 

 

 

 

次も

商業施設か?

 

 

 

 

 

新築分譲マンションか?

 

 

 

 

 

何故だか強烈に

物悲しさを感じさせるロータリー。

この暗さはなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

西武大津の隣には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新築分譲マンション

エスリード大津におの浜セントラル

 

 

 

 

 

 

 

大津の唯一の百貨店、

開業から43年。

ランドマークの商業施設が消えます。

 

 

 

 

 

 

もう一つの

ランドマークであった

大津パルコ跡地の

Oh!Me大津テラス

 

 

 

 

 

 

パルコほど

派手さがないのは

 

 

 

 

 

時代のせいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

JR大津駅

 

 

 

 

 

駅横には

バカ売れした

 

プレミスト大津 ステーションレジデンス

1階には平和堂。

 

 

 

駅前の

琵琶湖へつながる

メインストリート。

 

 

 

 

 

 

 

道路横で

工事が始まっています。

 

 

 

 

 

 

2019年11月26日 21:45

京都新聞 web

カフェ開設予定の駅前公園、
開業延期
地元と大津市の協議長引き

 

計画では、公園前の中央大通りの歩道(延長約100メートル)を現在の4メートルから11メートルに拡幅し、地元産野菜などを販売する定期市「マルシェ」が開催できるウッドデッキを設ける。公園(約1500平方メートル)には、緑地と一体化したカフェや、音楽イベントなどを催すステージを整備する。

 

 

 

 

 

※大津駅前公園に整備するカフェなどのイメージ図(大津市提供)

 

 

 

 

 

 

道の一番奥に

琵琶湖が見えます。

 

お洒落に演出できるはずの通りである事は

間違いないです。

 

 

 

 

 

 

メインストリートの

西側には商店街。

 

こういう味わいのある商店街が

これからの時代には

必要であると思いますが

現実はなかなか厳しいようです。

 

 

 

 

 

そこから

少し西に

所々にバリケード。

 

 

 

 

 

 

建築標識が

設置されています。

 

 

 

 

阪急阪神不動産㈱

 

・共同住宅

・15階建

 

 

 

 

敷地の周りには戸建てが。

ここに15階建てが

建つのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。