不動産『仲介手数料半額キャンペーン』12月末まで

SHARE

不動産『仲介手数料半額キャンペーン』12月末まで

最近、
京都新聞でよく見かけるこちらの広告。

この文字が目に飛び込んできます!!

 

仲介手数料 半額

 

 

 

 

〈マンション・中古戸建・土地の購入売却〉

仲介手数料 半額

通常3%⇒1.5%

平成29年12月末までのキャンペーン

 

 

 

 

よくぞ、やりましたね。

手数料3%は上限であって
法律上下げる事は全く問題ないのですが

 

京都といえば
良くも悪くもヨコ並び社会。

 

出る杭打たれるではありませんが

不動産業界でこんな事をやろうものなら

村八分にされそうな気がします。

 

 

しかし、よく見ると

 

 

おかげさまで

三信工務店は

創業20周年を迎えました。

 

一応、

20周年を迎え

『特別なキャンペーン』として

期間を区切って

地元の皆様に利益を還元します的な

大義名分がありますので

業界内でもギリセーフなんでしょうね。

 

 

不動産売買で仲介手数料とは

物件価格の3%(別)+6万円(別)ですので

例えば
3000万円の3%=90万円(別)+6万円(別)=

⇒96万円×1.08=103.68円(込)

 

これが半額になると

51.84万円(込)

 

仲介手数料の値引きは
地元の中小でたまに見かけるぐらいで

住友やリハウスなど
大手仲介業者が手数料を値引くなんて聞いた事ありません。

逆に
大手仲介業者は様々な付帯サービスをつけ
より物件を集めやすくしています。

 

 

例えば売却物件を集めるために

 

『三井のリハウス』

360°サポート

 

 

 

 

 

 

 

『東急リバブル』
様々な付帯サービスがあります。

 

 

家具のない部屋に家具や小物を配置して
より売りやすくする『ルームデコレーション』というサービスもあります。

 

 

 

 

『住友不動産販売』

ステップエスコート。

 

ホームステージング。

 

 

 

付帯サービス目白押しです。

 

 

本当にどこまでサービスが付いていくるかは
それぞれの条件があったりすると思いますが

ここまでビジュアルで並べられると
なんか安心もできるし
お得にも感じてしまいますね。

 

 

・・・と、
ここまで大手がきめ細かくサービスを展開していくると

中小企業は手数料など費用面で対抗するしか
無くなってきそうです。

 

大手の寡占化が進む「不動産仲介業」。

中小の仲介会社はどんな独自性を打ち出せば

生き残っていけるのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です