Panasonic × 京都四条烏丸× 職人集団

SHARE

Panasonic × 京都四条烏丸× 職人集団

 

 

(2018.9.2 日本経済新聞 朝刊記事より引用)

 

パナソニック
「変な家電」に挑む

 

 

 

この記事の中に

気になる一文がありました。

 

 

 

京都の伝統工芸を担う職人集団と協業から生まれた。

中川氏らデザイナーが京都の町家に職人達と泊まり込んで、ゼロから構想を練った。

 

 

京都とPanasonic

 

一体、

何が始まろうとしているのでしょう。

 

 

 

京都ビジネスのど真ん中!!

四条烏丸

 

 

 

その西、

四条室町

 

建築中の

京都経済センター(仮称)。

 

京都を再び『起業の街』へ。

 

 

 

※参考記事:下記当ブログ

京都を再び『起業の街』に盛り上げる!! 四条烏丸に2019年春開業『京都経済センター』

 

 

さらに西

四条新町

 

 

 

 

セブンイレブンが入っているビルです。

 

 

 

この個性的なビルです。

 

 

 

 

 

かなり

四条通では

印象に残るビルではないでしょうか。

 

 

 

 

 

現在は名前が

京都四条新町ビル

 

 

 

 

どんな会社が入っているのか

全く知りませんでした。

 

 

 

 

エントランスへ行ってみると

 

 

 

 

小さな文字で

Panasonic Design Kyoto

 

なんとも控えめな

自己主張なんでしょうか。

 

 

 

 

ググってみると

 

京都のデザイン拠点
「Panasonic Design Kyoto」で
オープンイノベーションを加速

 

(公式HP) ※下記画像をクリックするとリンクします。

 

 

パナソニック株式会社は、大阪と滋賀に分散していた家電のデザイン拠点を京都に集結し、2018年4月2日(月)から「Panasonic Design Kyoto」として始動しました。

 

当社は、すでに2015年11月から、京都の伝統産業とともに、日本の感性とモノづくりの原点を探り、新たな家電デザインを、外部の視点を取り入れて研究する共創プロジェクト「Kyoto KADEN Lab.(京都家電ラボ)」に取り組んできました。

 

 

 

大阪でもなく

滋賀でもなく

京都に集結しました。

 

『YOUは何しに京都へ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『YOUは何しに京都へ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『YOUは何しに京都へ?』

 

 

 

 

『 京  都 』という

たった2つのこの文字でしか発する事ができない

匂い立つ

空気感みたいなものはあると思います。

 

 

 

 

MADE IN  KYOTO 四条烏丸

 

 

 

 

 

 

京都×職人×学生(若者)×外国人

 

あらゆるモノが障壁を超えて

クロスする街。

 

あらゆるものを黙らせる

「四条烏丸」交差点。

 

 

 

 

 

KYOTO四条烏丸

 

 

 

『オープン・イノベーションの街』に

なりそうです。

 

 

 

 

※オープンイノベーションとは(参照ビズリーチ)

企業や大学・研究機関、起業家など、外部から新たな技術やアイデアを募集・集約し、革新的な新製品(商品)・サービス、またはビジネスモデルを開発するイノベーションを指します。社内資源に依存せず、あらゆる枠組みを超えることで、イノベーションを創出するきっかけにもつながります。異業種間の交流や大企業とベンチャー企業との共同研究開発などがオープン・イノベーションの事例とされています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください