四条大宮・餃子の王将

 

 

四条大宮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもは

生餃子を持ち帰りなんですが。

 

 

 

 

 

 

今日も

紫の暖簾に

人々が次々と吸い込まれていきます。

 

 

 

 

 

瓶ビール、

 

 

 

 

餃子のみ。

 

 

 

 

 

10代の頃では

ありえない注文です。

 

 

 

 

 

王将ほど

まだ生きていません。

 

 

 

 

 

 

右隣は

初老のおじさま。

 

日本酒をたのまれました。

 

 

 

 

 

左隣は

学生らしき青年。

 

セットをがっつり食べています。

 

 

 

 

 

激烈に忙しい厨房を眺めていると

心が落ち着ついていくのは

何故でしょう。

 

 

 

 

 

働くとは。

 

 

 

 

 

 

いつの間にか

順番待ちの行列ができていました。

 

 

 

 

 

 

ガラス越しに

青いねじり鉢巻が見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四条大宮の空には

三日月です。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。