四条大宮南に明治時代に建てられた町家が建ち並ぶ路地一体を1つの宿に改修した「Nazuna 京都 椿通」

SHARE

四条大宮南に明治時代に建てられた町家が建ち並ぶ路地一体を1つの宿に改修した「Nazuna 京都 椿通」

 

 

四条大宮の南

大宮高辻

 

角に

センチュリー21があります。

 

 

 

高辻通を西へ。

 

 

 

 

北側に

 

明治時代に建てられた町家が建ち並ぶ路地一体が

改修中です。

 

改修前、

この古い街並の存在を

気づく事すらありませんでした。

 

 

 

 

 

Nazuna 京都 椿通

 

 

こちらに

こんな街並が広がるのです。

 

(画像はプレスリリースより引用)

 

 

 

L字型の敷地で

タテの通りの接道部分です。

奥にあるバリケードは

この物件とは関係ありません。

 

 

 

23棟の町家は

23の露天風呂付客室に生まれ変わります。

2つのレストランも。

開業は2020年4月予定です。

 

 

 

Nazunaと言えば

 

二条城

 

 

 

 

 

向かいでは

 

三井不動産のホテルが

建築中です。

 

 

 

油小路通側の外観は

かなり見えてきました。

 

 

 

 

その油小路通を上がると

 

 

Nazuna 京都 二条城

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。