フランス拠点の外資系ホテルチェーンのアコーホテルズグループ「京都悠洛ホテルMギャラリー」4/26開業 & 先斗町商業施設

 

 

2019年4月23日 京都新聞朝刊記事より引用

 

仏系高級ホテル
三条駅東に開業
26日
内装は大正モダン再現

 

 

 

 

 

京都市東山区の京阪電気鉄道三条駅東側に、フランスを拠点とする外資系ホテルチェーンのアコーホテルズグループが26日に「京都悠洛ホテルMギャラリー」を開業する。女性を主な顧客層とする高級ホテルで、日本初進出となる。

 

 2015年に廃業した「いろは旅館」跡地で、全144室。地下1階、地上5階、延べ6125平方メートル。宿泊客以外も利用できるバーとレストランを備える。宿泊料金は1室2万5千円からで、年間稼働率は7割を目指す。

 

 

日本初進出となる。

 

 

 

日本初が『京都』に、

というパターンがかなり増えてきました。

 

 

ブランディングとしても

市場としても

魅力的な街なんでしょう

『京都』は。

 

 

三条大橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋の歩道に

訪日旅行者がたまっています。

 

 

 

 

 

 

京阪電車『三条』駅

 

 

 

 

 

 

 

こちらが

今月4/26(金)に開業する

 

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴお披露目です!!

 

 

 

 

KYOTO  YURA

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの東側は

 

 

市の所有地と

聞いたような気がします。

 

 

 

 

 

公園的なスペースに

なる予定でしたでしょうか?

 

 

 

 

裏から見ると

 

 

 

 

 

 

そして

もうイチネタです。

 

 

三条鴨川沿い

 

 

 

 

 

 

珉珉前に

 

 

 

 

新たな商業施設が

5月にオープンします。

 

 

 

 

 

NYスタイルのブランチ

 

MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO
マーサーブランチ テラスハウス キョウト

 

4月29日・30日は

プレオープンでお得なようです。

 

 

 

 

 

 

四季軒

 

 

 

鴨川面するロケーション。

 

商業施設の名前が

ググっても

出てきませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。