ラグジュアリーホテルを極めればここに。1泊100万円の宿泊施設!!

SHARE

ラグジュアリーホテルを極めればここに。1泊100万円の宿泊施設!!

 

 

二条城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その二条城から

堀川通越しに東、

 

クレーンが見えます。

 

 

 

 

 

 

京都国際ホテル跡地、

 

三井不動産

 

の高級ホテル計画地です。

 

 

 

 

 

・4階建

 

 

 

 

鉄骨が組まれています。

 

 

 

 

 

二条通。

 

 

 

 

 

油小路通。

 

 

 

 

 

高級ホテル、高価格帯、

外資系のラグジュアリーホテルのような最上級のホテル

にする方針と言われていますが

 

まだホテル名等、正式な発表されていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金閣寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その北に

 

世界のラグジュアリーホテルの代名詞でもある

 

アマンホテル

 

と噂される計画地。

 

 

 

 

 

 

 

八坂の塔・二寧坂

 

 

 

 

 

 

 

 

(現地写真撮影は11月2日)

 

パークハイアット京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外資系高級ホテルの

京都進出が

続いています。

 

 

他にも

京阪三条駅前には

フランスを拠点のアコーホテルズグループによる

Mギャラリー by ソフィテル

 

 

 

 

 

先日も

こんなニュースが。

 

『帝国ホテル』と祗園

 

 

 

 

国内・国外問わず

高級・ラグジュアリー・伝統・ITといわれる

ブランド・ホテル・企業が

京都を目指しつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

そして

京都の右京区。

 

世界文化遺産

 

仁和寺

 

 

 

 

 

 

 

仁和寺の前に広がる

広大な敷地。

 

 

 

 

 

 

 

 

建築看板が

設置されています。

 

 

 

建築主/共立メンテナンス

3階建ての宿泊施設です。

 

 

 

 

 

888年に創建。

 

 

 

 

 

 

偶然ではないでしょう。

 

888と並んだ数字、

その数字の意味を知りたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

高級・ラグジュアリーホテル。

 

高級な料理・高品質なベッド・最上級の宿泊サービス

高額な宿泊料金。

 

 

 

 

 

 

高級を突き詰めて行くと

いつか限界に辿りつくように思います。

 

 

 

 

 

 

となると、

富裕層の求めるモノが

 

世界中のどこでも

再現可能な建物・サービスではなく

 

 

世界中のそこだけでしか味わえない

『唯一無二の宿泊体験』

 

シフトしていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

「モノより思い出」

 

そんな感覚でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一無二の体験は

いつまでも

あなたの人生に残ります。

 

 

 

 

そんな折、

 

 

参照: YOMIURI ONLINE 2018年12月04日 15時52分

 

1泊100万円、世界遺産・仁和寺「独り占め」

 

 

 

 

 

 

 

寺が今春から始めた境内の宿坊「松林庵」(木造2階建て)

 

宿泊できるのは5人までで、人数問わず1泊100万円。一般拝観の時間帯以外に「寺を独り占めできる」のが売りで、すでに欧米の富裕層を中心に来春までの1年間で10組程度の利用が決まっている。

 

予想以上に問い合わせがあり、手応えを感じている

 

 

 

 

 

 

『仁和寺に泊まった』

 

 

 

(写真は宿坊「松林庵」ではありません)

 

 

 

 

 

話のネタ・人生のネタとしては

最高ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ビジネスライクに見ると

「リピーターはいるのか」

という問題はありますが。

 

 

 

 

 

 

宿坊「松林庵」

どこにあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこにも

「松林庵」

の名前を見つけれません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

16:30。

 

 

 

 

 

 

拝観時間終了!!

 

 

 

 

 

門が締められました。

 

 

 

 

 

初公開。

 

 

 

 

陽がまた沈みます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です