京都駅前 あの『(元)武富士の土地 』西側が動き出す

 

いわくつきの土地

 

京都駅前の

長年塩漬けにされていた土地の東側が

ホテルになります。

 

 

あの未開発地です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その隣は

まだコインパーキングが営業をしています。

 

 

 

物々しい看板が

いまだに何個も設置されています。

 

 

 

 

そのガレージの西側も

ガレージでしたが

 

 

重機が入り

アスファルトの路面を剥がしています。

 

 

 

西側の駐車場の入口も閉鎖され

スーパーハウスが建っています。

 

 

 

いよいよ

西側も売却された

という事でしょうか?

 

 

 

止まっていた時計のハリが

大きく動き始めました。

 

 

 

 

webで調べてみると

 

 

zakzak by 夕刊フジに

こんな情報が掲載されています。

 

 

 

 

朝鮮総連“いわくつき京都の土地”が110億円で売却された 

残りの2563坪については、区画を2つに分け、七条通沿いを商業ビルに、京都駅側を今回と同じ500室規模のホテルにし、運営を委託する方針だが、怨念の土地だけに、今も魑魅魍魎たちが蠢いているという。「北朝鮮との関連」も含め、駅前一等地の再生には、今後も紆余曲折がありそうだ。

※週刊ポスト2017年10月27日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください