『烏丸御池』近くの寮解体と「静鉄ホテルプレジオ」

SHARE

『烏丸御池』近くの寮解体と「静鉄ホテルプレジオ」

 

 

烏丸御池

 

 

 

 

 

 

地下鉄烏丸御池

 

 

 

 

 

車屋町通

 

 

 

 

 

 

 

上る。

 

 

 

 

西側にバリケード。

 

 

 

 

社員寮解体工事

 

 

 

 

社員寮の北側は

コンセプトの管理看板が設置されています。

東側の向いは

ホテル計画地です。

 

 

 

 

 

 

 

向かいの

建設中のホテル。

 

 

 

 

KRD塗師屋町開発ホテル新築プロジェクト

 

 

 

 

関電不動産開発が新築し

静岡鉄道が賃借して運営します。

静岡鉄道が静岡県内で展開するホテルブランド

「静鉄ホテルプレジオ」として営業します。

 

全99室の10階建。

2019年春開業のビジネスホテルです。

 

 

 

そのホテルの南側は

 

 

 

 

 

 

ホテルリジョイスステイ京都烏丸御池

 

 

 

 

元々、

賃貸マンションだったように思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

たなか

記事を興味深く拝見しております。
烏丸御池つながりで、スポーツミツハシ烏丸御池店と、少し離れた系列店の京都ブラウニーが閉店(移転)するようです。
跡地はマンションでしょうか、それとも今建設ラッシュのホテル ・・?
高さ制限も緩和されたんでしたっけ。

返信する
kyoto1192

コメントありがとうございます。

スポーツミツハシ烏丸御池店と京都ブラウニー

閉店(移転)とは知りませんでした。

現在、
御池通沿いの土地の坪単価は
恐ろしい土地価格になっているはずです。

もし分譲マンションが建築されるとするならば
土地の取得費がかなりかさみ
超超超高級マンションになるはずですし
世界に富裕層の販売網を持つ超大手でしか完売させる事は不可能でしょう。

となるとマンションの可能性は限りなくゼロでしょう。

オフィスが全く足りていないので
オフィスビルのニーズはかなりありそうですが、
それでも収益性がより高いホテルなんでしょうね。

高さ規制の件は
京都新聞記事に書かれていましたね。

良好な景観につながる建物に対し、上限を超える高さを認める「特例許可制度」も見直す。

市は許可制度で認める上限を、景観上許容できる地域では明示する。
具体例として、御池通沿道や市営地下鉄竹田駅(伏見区)、太秦天神川駅(右京区)、JR山科駅(山科区)周辺を挙げる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。