JR四国が東九条で宿泊事業・4月中旬にもオープン!!

SHARE

JR四国が東九条で宿泊事業・4月中旬にもオープン!!

 

1月末の京都新聞記事(1/30)

JR四国が
京で宿泊事業

 

 

JR四国は29日、主に外国人観光客宿泊向けの「簡易宿所」を京都市で4月中旬にもオープンすると発表した。

同社が四国外で宿泊事業を手掛けるのは初めて。

インバウンド需要が安定した京都での事業参入で新たな収益源の確保するとともに・・・・

京都の施設名の名称は

「4S STAY(フォーステイ)京都九条」。

京町家風の木造2階建て3棟で、1グループで1棟を利用する。

 

 

そんな記事から

はや1ヶ月強。

 

場所を特定しましたので報告します。

 

 

京都駅

南側。

 

 

 

 

 

ホテルストリートになりつつある

八条通

 

 

手前から

 

大和ハウス工業

コスモスイニシア

H.I.S

 

ホテルプロジェクトが目白押しです。

 

 

 

一番奥にそびえ立つのは

 

 

大和ハウスリゾートの

都市型ホテルのフラッグシップと位置づける

ダイワロイヤルホテルグランデ 京都

 

272室で

2018年6月開業予定です。

 

 

そんな激変する八条通。

 

 

 

東に行くと

河原町通

 

インバウンドなんて言葉が京都ではなかった時期(2012年)に

一歩早くこの立地に開業した先見性があるホテルがこちら。

アルモントホテル京都

 

 

 

ホテル計画の看板を発見した当時は

かなり驚きましたが

今となれば大正解でした。

 

 

河原町通西側沿いには

ホルモン屋さんや焼き肉屋さん。

 

 

 

 

 

そして

河原町通東側は

旅館業の建築ラッシュです。

 

 

 

事業主はほぼ他府県からです。

 

 

 

 

さらに河原町通を

南に下がっていきます。

 

 

 

 

 

 

九条河原町交差点手前にも

136室のホテル計画地。

 

 

 

 

九条河原町

 

 

 

 

ローソン100のあるとこです。

 

 

 

そのローソン100から

鴨川側・東へ入って行きます。

 

 

進みます。

 

 

 

 

 

ありました!!

 

 

 

4S STAY 京都九条

 

 

 

 


 

京町家風です。

 

 

 

 

場所は

 

京都駅からこの位置。

 

 

 

そして

すぐ近くには

映画「パッチギ」で有名な

 

東山橋

 

 

 

 

整備され昔の面影がまるでない

鴨川

 

 

 

ジョガーが

何人も駆け抜けていきます。

 

 

 

 

 

建築看板が設置された

広めな土地があります。

 

 

 

神奈川県の会社のホテル計画です。

 

東九条に

外から資本がどんどん流入しています。

 

 

 

 

すでに開業しているゲストハウス。

 

 

 

 

東九条の

 

 

 

町が

 

 

 

すこしづつ

 

 

 

 

変わり始めようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です