【速報1】JR二条駅西口から徒歩5分、中京区西ノ京に『ダイマルヤ』の新築分譲マンション計画地(7階建29戸)

JR二条駅

駅前には『資産価値』という言葉がまさにぴったりだった

ファミール二条ステーションサイド

2000年建築 11階建 147戸

中古の『売物件』は5000万円台をよく見かけます。

新築時から20年、『資産価値』が右肩上がりに上昇してきた事でしょう。これから未来はそんな右肩上がりの時代ではないと予想されるので、物件価格の高さも相まってマンション購入の決断が難しい時代です。とはいえ、2000年前半、誰もここまでマンション価格が上昇するとは思いもしませんでした。中古になれば価格は下がるもの、資産価値が維持できる物件を探そう、その時代その時代で決断の難しさはありました。価格上昇を狙うなんて空気は皆無でした。リセール、出口戦略、そんな言葉を知っていたら。。。今頃。

向かいにはシネコンが併設された商業施設BiVi。開業は2005年でした。一気に西口エリアの開発が進むかと思われましたが、そうでもありませんでした。

確か西口に住宅展示場があった時代がありました。。。と過去の記憶を辿り寄せます。滋賀県のオウミ住宅が出店していてモデルハウスを内覧した記憶があります。今はパーキングになっています。

そして、現在西口エリアにバリケードに囲まれた大きな更地が生まれています。

大学関係の土地とも噂されています。

御池通を西へ。

そんな更地の西にある「くら寿司」のある交差点

御池通り×七本松通り、七本松通を北に上がります。

以前から白いバリケードの敷地が気になっていました。

マンションの建築標識が設置されました。(北東角からのアングル)

北側には更地があったりします。

北西角からのアングル。

事業主/ダイマルヤ
(仮称)京都市中京区西ノ京永本町 計画新築工事

【建築計画の概要】
・京都市中京区西ノ京永本町14-59、14-60
・共同住宅
・敷地面積918.12 ㎡
・建築面積481.20㎡
・鉄筋コンクリート造
・延べ面積(容積対象外)2,323.82 ㎡( 487.59 ㎡)
・建築物の高さ (塔屋を含む高さ)19.99 m( 20.49m )
・地上 7 階 地下 0 階
・29戸
・建築主/ 株式会社ダイマルヤ
・着工予定年月日/2022年3 月1 日
・完了予定年月日/2023年4月30 日

物件の東側、七本松通にはそんなに高い建物は見えません。

敷地の南側は2階建ての建物。ここに7階建のマンションが建つのです。南向きの眺望は良いマンションになりそうです。

JR「二条」駅歩5分

マンション計画地からJR二条駅までの距離は

JR二条駅までGoogleで調べると徒歩5分となりました。

ダイマルヤのもう一つの敷地

ダイマルヤはこの二条駅西口エリアにもう一つ敷地を持っています。くら寿司から御池通を西へ。

御池通沿い南側。

バリケードの一部が開き、工事が始まりそうな気配です。

JR二条駅から徒歩6分です。

さぁ、新築分譲マンションか。最近は賃貸マンション一棟売りのパターンもありますので安心できません。

新都市企画の分譲マンション建設予定地

さらに御池通を西へ進むと、西大路通寄りに「新都市企画」の分譲マンション計画地があります。

御池通沿い南向きです。

新たに標識等は設置されていません。

JR二条駅までは徒歩11分。こちらは地下鉄「西大路御池」駅の方が近いです。2~3分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。