京都の鬼門封じ「猿」

 

 

 

京都の

鬼門(東北)を守る4匹の

猿!!

 

 

 

京都御所「猿ヶ辻」

 

 

 

 

 

北東の角の塀。

 

 

 

 

この

北東角だけが

凹んでいます。

 

 

 

 

 

 

『鬼門』という言葉を

意識していなければ

 

 

 

 

 

 

何も違和感無く

通り過ぎてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塀の屋根下に

金網に囲われた

猿!!

 

 

 

 

 

 

烏帽子をかぶった

横向きの猿が

御幣(ごへい=神事で使う道具)を持っています。

 

 

 

 

写真で見ると

わかりにくいですね。

(線でなぞってもわかりにくいですね。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

京都御苑の

すぐ北。

 

 

 

 

 

住宅街の中に

ひっそりと

 

 

 

 

 

 

 

幸神社(さいのかみのやしろ)

 

 

 

 

都の中心から北東の

鬼門ラインの直線上にあります。

 

 

 

 

皇城

鬼門除

出雲路幸神社

 

 

 

 

 

 

 

本殿の北東に

 

 

 

隠れるように

 

 

 

 

猿!!

 

 

 

 

さらに

北東ライン上、

 

左京区の修学院離宮の近くに

 

 

 

 

 

赤山禅院(せきざんぜんいん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂の屋根の上に

 

 

 

 

 

 

 

猿!!

 

 

 

 

 

 

最後は東山、

 

フォーシーズンズホテル京都の東に、

 

 

 

 

 

 

 

都の中心から

北東ライン上にはないのですが

 

新日吉神宮(いまひえじんぐう)

 

 

 

 

 

 

 

階段の上、

両サイドに

 

 

 

猿!!

 

 

 

 

金網の中の猿!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。