【速報】グローバル・エルシード(東京新宿)の新築分譲マンション計画(?)が山科区・地下鉄御陵駅前に!!ホテル開発その後。

京都エリアでのグローバル・エルシードのホテル事業

THE グローバル社/グローバル・エルシード

本社は東京都新宿区。首都圏エリアと関西エリアにおいて分譲マンション、収益物件、商業施設、ホテル等の企画・開発を行ってます。マンション開発は、株式会社グローバル・エルシードが、マンション管理は株式会社グローバル・ハートが、マンション販売は株式会社グローバル住販が、戸建住宅の開発販売はグローバル・キャストが担当する。マンションブランド名は「ウィルローズ」

ホテル事業に関してはグローバル・エルシードがコンバージョン等によるホテル開発を行い、グローバル・ホテルマネジメントが運営を担います。

インバウンドの波に乗り京都エリアで急速にホテル事業を展開しました。コロナ前の2018年圧倒的な勢いで京都の土地を取得していました。その勢いに関しては2018年4月11日配信・過去記事をご参照下さい

そして、そのホテルは日本初の分散型ホテル「ENSO ANGO(エンソウアンゴ)」として展開しようとしていました。5棟のホテルを一つのホテルとして回遊できる新しい試みでした。

※現在、そのホテル名は『THE GENERAL KYOTO ザ ジェネラル京都」に、運営会社も変わりました。

しかし、この新型コロナの影響で壊滅的な状況に陥ったホテル事業。THE グローバル社は経営が悪化していきました。

そして、2020年10月28日にこんなニュースが流れました。

アスコットがSBIらから110億円を調達し、グローバル社を子会社化

アスコット(東証ジャスダック)は、SBIホールディングス(東証一部)および中国・平安グループから、約110億円を調達することを発表した。SBI HD、平安グループ子会社への第三者割当の方法で行われる。払込期日は12月18日。SBI HDは、アスコットが発行する株式の35.01%を保有することとなる。

 調達した資金使途は、30億円をTHE グローバル社(東証一部)の株式取得、30億円を同社への貸し付け、48億円を不動産開発に投じる予定。THE グローバル社はアスコットに第三者割当を行い、アスコットが同社の親会社(持株比率51.96%)となる。払込期日は12月21日。THE グローバル社は、2020年6月期に大幅赤字を計上したほか、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在する状況となっていた。

https://www.data-max.co.jp/article/38343?rank

京都エリアで破竹の勢いで土地取得とホテル開発を進めてきたTHE グローバル社。※写真は高倉通2019年1月撮影

このロゴマークをあちこちの建設現場で見かけました。

熱狂は終わり、そして現在。

二条城南

2020年11月28日に開業したフランスを拠点とする外資系ホテルチェーンのアコーホテルズグループによる『京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー』。しかけるのは京都エリアにどんどん外資系ホテルを誘致しているウェルスマネジメント

100年続く駄菓子屋さん「格子家」に隣接して建設されています。このホテルの南に

THE GENERAL KYOTO ザ ジェネラル京都 二条城

御池通に佇むのはグローバル・エルシードが新たに開発したホテル。完成後、開業しないままとなっています。もう1年ほどたったでしょうか。

ググるとGoogleは「閉業」と表示しました。

当初、5棟で始まった分散型ホテル。現在4棟は「休業中」で唯一営業しているのが

ザ ジェネラル京都 高辻富小路

富小路通に建つザ・ジェネラル京都高辻富小路

そのホテルの南隣にある町家にも「THE GENERAL KYOTO」の名前が。宿泊者専用の施設のようです。

いかに京都不動産を旺盛に取得していたかがわかります。

堺町通にもグローバルエルシードが開発した開業しないままのホテルが残されています。売却されてたりするのでしょうか。

イノダコーヒー本店がある三条堺町から堺町通を南に下がって行くと

堺町通六角下るに『THE GENERAL KYOTO 六角堺町』完成後開業しないままでしたが、いつの間にかホテル名が変わっていました。

HOTEL RINGS KYOTO 

2021.9/28開業 1階はカフェ?

Common Well Kyoto

完成後そのままになっているホテル群。どうなっていくのでしょう?すでに売却されたりしてオーナーが変わっている可能性もありそうですね。

高辻麩屋町

高辻室町

地下鉄「御陵」駅前に新築分譲マンション(? )計画地

山科区、三条通、地下鉄「御陵」駅

駅から西へ徒歩1分。三条通沿いに建つのは

グランアッシュ山科御陵/ホームズ

京都市内、地下鉄駅前1分とあって日本全国から資料請求があったマンションで、もちろん売行きも早かったです。2020年7月完成で築2年。すでに築後未入居の物件が売りに出されていたりとセカンド・収益としての購入も多かったのではないでしょうか。

グランアッシュを越え西へ、同じく三条通沿いに、いつもその店名が気になっていたお店『アイシャルリターン』

歴史上もっとも有名な敗者の名言。GHQの最高司令官として知られるマッカーサーは、フィリピン提督時代、日本軍に敗北し逃げ去るときに残した言葉、「I shall return」。で、なおかつ大衆中華料理というギャップ。気になるがなかなか飛び込めないお店です。

その隣のガレージに標識が設置されていました。

(仮称) エルシード御陵駅前新築工事 建築計画の概要


・京都市山科区 御殿岡ノ西町66 日ノ岡鴨土町49-1
・共同住宅
・敷地 面 積 1,622.22 ㎡
・鉄筋コンクリート造
・建築面積1,040.00㎡
・延 面 積 (容積率対象外)4,045.00㎡ (577.62㎡)
・建築物の高さ(塔屋を含む高さ)15.50m(16.80m)
・地上 5階
・48戸
・建築主/ 株式会社グローバル・エルシード
・着工予定年月日2021年12月20日
・完了予定年月日2022年12月20日

敷地が490坪です。ガレージだけでは足りません。隣接する家も人の気配が感じられず敷地に含まれてそうです。

その裏手の共同住宅らしき建物も閉鎖されている雰囲気で一帯として開発されそうですね。グローバル・エルシード初の京都エリア新築分譲マンション計画になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。