京都の宿泊施設・客室数が5年で4割増!! 京都駅周辺ホテル建設ラッシュ過熱!!

京都新聞 記事。

『京の客室5年で4割増

 訪日客増 宿泊施設開業相次ぐ

 20年度に4万2千室

 市の試算 大幅上回る』

 

 

 

 

京都市内の宿泊施設の客室数が

2015年度末から5年間で少なくとも

4割増の約1万2000室増える見込みであることが分かった。

市が宿泊施設不足の解消に必要とした

1万室を大きく上回る。

来年6月の民泊新法(住宅宿泊事業法)施行で

市内に少なくとも

5500軒以上ある民泊施設の大半が違法となり

営業できなくなると見て

『あふれる宿泊需要をどこかで吸収しなければならず

ホテルが充足するとは言い切れない』(観光MICE推進室)とする。

 

(中面記事)

 

『京でホテル建設ラッシュ

 五輪後 客動向が鍵

 高額投資、回収に懸念も』

 

 

英国のホテル市場調査会社STRの調べでは

販売可能な客室1室当たりの売上額を示す

客室収益指数は

16年に前年比で11.7%伸びたが

17年は4.4%増にとどまった。

 

市内のあるホテル支配人は

「外国人観光客の急増で『京都は泊まれない』と

評判が広がり、国内客が他府県に流れている。

そのため、各ホテルが

料金単価よりも

稼働率を重視するようになっている」

と分析する。

 

 

・・・・・・

 

 

ホテルが足りない

いやいずれ余る

 

ホテルは儲かる

いや今後どうなるかわからない

 

五輪後、

土地が暴落してチャンスが来る!

 

攻めるか?

静観か?

 

 

そんな葛藤で渦巻く京都、

そして過熱気味の

ホテルの建設ラッシュが続く京都駅周辺。

 

 

 

 

実際に見てみましょう!!

 

 

 

 

●アパグループ
『アパホテル京都駅東』

・2019年7月開業予定
・400室

 

 

 

●ウィンチェスター特定目的会社
『下京区七条通間之町東入材木町ホテル』

 

 

 

●京阪ホールディングス
ザ・サウザンドキョウト

・2019年1月開業予定
・222室

 

 

 

●JR西日本グループのホテル子会社2社
『(仮称)京都駅八条口前ホテル計画』

・2019年春開業。

 

 

 

 

●ホテルエムズ
『(仮称)京都駅南ホテル』

・2018年2月下旬完成予定
・82室

 

 

●京都JA会館
『(仮称)JAグループ京都新ビル』新築工事

・2020年開業予定
・267室

 

 

●京阪ホールディングス
『ホテル京阪京都八条口(仮称)』

・2018年秋完成予定
・234室

 

 

●ケイエル・リース&エステート株式会社
『(仮称)HOTEL DAIWA京都』

・H30年6月完成予定
・302室

 

これらはまだ一部です。

ここには掲載していませんが

他にもまだまだありますよ!!

 

※参照2017年10月31日

京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください