堀川商店街と堀川アート&クラフトセンター(仮称)

SHARE

堀川商店街と堀川アート&クラフトセンター(仮称)

 

 

堀川商店街

 

北側です。

 

 

 

その手前には

 

 

昔は中華料理屋だったと思いますが

 

 

 

 

 

今では

相撲鍋

 

 

 

 

インバウンドの風を受け

団体ツアーの食事場所になっているようで

大型バスが乗り付けられ

人で溢れかえっている場合が多いです。

 

 

 

 

 

 

その隣は

 

おうちぱん

 

 

 

 

 

次から次と

お客さんが来てるので、

人気がありそうです。

 

 

 

 

 

 

その北、

 

 

 

 

堀川沿いに建つバリケード。

 

 

 

バリケードの一部分が

空いています。

 

 

現場が動き始めたようです。

 

 

 

 

※参照 : 建設ニュース2017.04.11

 

京都府は、「堀川アート&クラフトセンター(仮称)整備運営事業」の公募型プロポーザルを実施し、京都を中心に書店を展開する大垣書店(京都市北区)を優先交渉権者に特定した。

 

建築後60年以上が経つ堀川団地(京都市上京区)は、全6棟のうち、4棟は既存建物を改修するが、上長者町団地と椹木町団地は、既存建物を解体撤去し、新たな建物を整備する。今回は、6棟の中で、もっとも西陣に近い上長者町団地を対象に、西陣織をはじめとする伝統産業やクラフト、アートなどによる幅広い交流や産業振興の拠点としての機能を持つ堀川アート&クラフトセンター(仮称)を新築整備する。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です